自己判断での『お灸』は危険な場合があります。

0
    こんにちは、陰陽堂鍼灸院です。

    今年も、残り僅かですね・・・
    何か年末は、寒波でかなり寒いようですね。
    お出かけになる方も多いかと思いますが、寒さにはくれぐれもお気をつけ下さいm(__)m

    さて、寒いとなれば、身体を温めたくなるのが、当然といえば当然なのですが・・・

    色々な方からお話をお聞きしていますと、『お灸』を気軽にやっている方が多いと思います。
    お灸をやる理由としては、体感的に身体に冷えを感じていて、冷えている部分にお灸をやって温めるという考えの方が多いようです。

    しかし、『身体の冷え』と言いましても、東洋医学的に分析しますと原因は沢山ありまして、
    以下に幾つか例を挙げますと、

    1.身体が弱っていて身体の陽気(熱)が不足している場合
    2.湿や寒といった冷えの要素が身体に影響している場合
    3.身体の奥に熱がこもっており、内部には熱があるのに何らかの原因で身体の外側に熱を回せない場合
    4.精神的ストレスや、身体の巡りを良くする機能の低下などにより身体の気が滞っており、熱をうまく巡らせられない場合
    5.風邪を引いていて悪寒を感じている場合
    6.何らかの原因により身体の上部に熱が上がってしまっており、相対的に足の方が冷えている場合
    7.身体に熱はきちんとあるが、バランスが乱れており、ある一部分のみ冷えているような場合

    などといったように様々な原因があり、また原因も1つではなく複数が混在している場合がほとんどです。
    身体には熱が普通にある、又は過剰にあるにも関わらず体感的に冷えを感じる場合は多々あり、身体としては本当は身体の内部に熱を与えるお灸は必要でない状態なのに、体感的な理由だけでお灸をすると、逆に内部の熱が増長し身体が悪化の方向に行く場合もあります。

    寒い季節ですし、お灸をやってみたいと思われる方も多いとは思いますが、
    上記理由により、自己判断でのお灸は危険な場合があります。

    きちんと東洋医学的に身体の状態が分かり、お灸が本当に必要な場合のみ、お灸は使った方が、良いですよ〜

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    陰陽堂鍼灸院HP

    東洋医学専門 陰陽堂鍼灸院 埼玉県川越市 駐車場完備

    こちらもぜひご覧ください

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM